【朗報】イーサリアムクラシック(ETC)、ハードフォーク&エアドロップの予定発表で価格高騰中




イーサリアムクラシック(ETC)は、2016年、イーサリアムのハードフォークにより誕生し

2018年の3月ごろにハードフォーク&エアドロップをおこなう予定があることを開発チームがツイッターで発表。

さらに新しい通貨Callisto(CLO)も追加される可能性があることも明らかになりました。



開発者がツイッターで発表した内容によりますと、2018年3月ごろにハードフォーク&エアドロップを予定。
そして新たに新たにCallisto(CLO)という通貨も追加される可能性もあり、多くのユーザーから注目を集めています。

エアドロップについては、ETC保有者を対象に1ETCにつき1CLOの割合で付与されるのではといわれています。



■新たな通貨Callisto(CLO)とは?



Callistoはイーサリアムのプロトコルに基づき、独自の暗号化(CLO)を備えたブロックチェーン。
サイドチェーンとしてETCとCallistoネットワークの両方のスケーラビリティを向上させることが可能になります。 ETCブロックチェーンのCallistoスマートコントラクトを使用したり、ETCチェーンのバンド幅を簡単にすることができます。 (現在、DexNS、Address-To-Addressメッセージシステム、トークンスワップチャネル、ECNSは、ETCチェーンに展開されるクロスチェーンサービスのことです。)



エアドロップはこれまでにOmiseGOやステラ(Steller)でも実施していますが、 ETCでも3月ごろにおこなわれることで、価格の動向にどのような変化するのか注目していきたいところです。


あなたにオススメの記事